1880.01.05(Mon)

 だんだん悪くなってきた。
 また仕事を始めたが、十分に休養しなかったので、これまでにないような物憂さと疲れを感じる。それにサロンは近づいてきた! 大ジュリアンとそのことを話し合ったが、私たちは、ことにジュリアンは私に準備が出来ていないという意見である。
 そのことを考えてみるのに、私は遊んでいたり旅行した時間を差し引きしないと、2年4カ月仕事をしたことになる。それはわずかなものである。しかしまたたいしたものにも思える。私は十分に仕事をしなかった。遊んでしまった。怠けてしまった。……要するに、私には準備が出来ていない。「留め針でも絶えずつついていれば気違いになってしまう。」とエドモンドは言っている。「けれどもこん棒でたたかれたのは、急所でさえなければ、我慢の出来るものである。」それは真理である。永久的の比喩である。……ブレスロオ、彼女は1875年6月に始めた。それで4年半になる。そうしてチュリヒとミュニヒで2年、合わせて6年半になる。私の場合と同様に遊んだ時間や旅行した時間を差し引かなければ。彼女は展覧会に出す前に2年以上絵の具のけいこをした。私は絵の具にかかってから1年と4カ月である。私は彼女と同じ信頼を持って出品することは出来そうもない。
 おお! 私は自分では気にしないでいられる。私は待つことは出来る。私には勇気はある。もし1年待てと言われたならば、私は心から、ようござんすわと答えることは出来る。けれども私の友達は、私の家族は、もはや私を信じなくなるであろう! 出品しようと思えば私には出品することも出来る。けれどもジュリアンの望むところは、私に問題となるほどの絵を描かせようというのである。そうして訳なく成功させたいというのである。それは一段高い馬に乗って威張ることである。アトリエには私に比べて5倍も力の劣っているくせに出品して何にも言われなかった人さえある。しかし私の場合は……なぜだろう? ──あなたは教える必要もなければ50フランないし150フランの金をもらう必要もないでしょう。皆がそう言う。あなたの必要なものは評判です。こんなものを出品することはほかの人ならばそれも良いでしょうが、あなたにはつまらないことじゃありませんか!
 これはまた私の意見でもある。しかし、友達や、家族や、それからロシアにいる人たちは、何と言うだろう! ……
 ジュリアンは私がマネエの10倍も良い線を出すとも言い、また私には線の出し方が分からないのだとも言う。あなたはもっと勉強しなけりゃなりません!
 私は、私は、どう思うかと言うに、私は非常にうるさくてたまらないから、どうにかしてこれを切り抜けたいと思っている。
 マダム・G…が私を見舞いに来て下さった。それはあなたも知っていられる通り、私は犬のように風邪を引いていますから。
[PR]
by bashkirtseff | 2009-01-07 13:44 | 1880(21歳)
<< 1880.01.17(Sat) 1880.01.03(Sat) >>