1879.12.14(Sun)

 ベルタに招かれて私はボジダルを連れて、カルチェ・ラタン、ブラアス・サン・スルピス、リュ・ムフタール、リュ・ド・ヌーヴェル、ラ・モルグ・リュ・デ・ザングレなどの町々を見ながら歩いた。
 私たちは1時間の4分の1ほど鉄道馬車で、それからまた歩いた。それが3時から7時まで続いた。昔からのパリの町ほど良いところはない。私はローマを思い出したり、デュマの小説を思い出したり、カジモドやその他面白いもののたくさんあるノートルダム・ド・パリを思い出したりした。
 私たちはある街角でクリを買って、靴屋で20分過ごして、そこで9フランほど使って、それから別の店に行ってあまり値切りすぎて怒られた。──まあ、マダム、あなたは7フランのことで大騒ぎをなさいますこと。これが毛皮の外とうだったらすぐにも200フランもお出しになるでしょうに! ──私は2000フランの毛皮を着ていた。
 ある街の角で、私たちの靴が音がしないので、ボジダルを先に行かせて、私たちはある戸口の陰に隠れていた。けれども先に見いだされた。それから私たちはムッシュ・A…の家具を運ぶために4頭立ての荷車を2台命じようと請負人の所へ2軒行った。
 ベルタは静かに詳しく話しだした。2つのグランド・ピアノ、湯槽、ガラス戸のはまった着物だんす、陶器類、玉突き台、といったような風に。それから私たちはあらゆる所へ行って、あらゆる人と下らないことを話してみたくなった。けれども、もう7時であった。それで馬車を雇わねばならなかった。ところが少し行くと馬が転んで、それで私たちは降りた。皆が馬を起こして、それから私たちはまた出掛けた。鉄道馬車には非常に貧しそうな夫婦者が私たちの隣に掛けていたが、驚いたことにはお互いに話し合っているのが、その若い婦人は汽車に乗って激動を受けて、両ひざが胸にぶつかって背中をひどく打ったというようなことを話していた。
[PR]
by bashkirtseff | 2009-01-06 14:21 | 1879(20歳)
<< 1879.12.28(Sun) 1879.11.26(Thu) >>