1879.11.26(Thu)

 私たちはマダム・Gと一緒にそりで出掛けた。
 今夜の終わりは笑劇であった。婦人たちと公爵令嬢アレクシス及びブランはヴァリエテに出掛けたが、ヂナと伯爵ド・ツウルズと私は食器棚からシャンパンを取りだして、晩さんを済ますと、4人前の食器を並べて、私は白ぶどう酒に水を割って空になったシャンパンの瓶にそれを詰めて、念入りに栓をしておいた。foie gras〔脂肪の肝臓〕に対する同じようないたずらをもまた私は思い付いた。今に皆が晩さんに帰って来るであろう。彼らはかなり食欲が強くなっているかも知れない。
[PR]
by bashkirtseff | 2009-01-06 14:18 | 1879(20歳)
<< 1879.12.14(Sun) 1879.11.25(Wed) >>