1879.11.19(Wed)

 今夜ロベール・フルリが尋ねてきて、私にいろいろ忠告を与えてくれて、それから私たちは私のアトリエでサモヴァルを取り囲んで楽しい宵を過ごした。彼はランプをどんな風にともせば良いかということを丁寧に私に教えてくれた。トニーは報酬も受けていなければ、その他の利害関係も持っていない。その上彼はまじめな人である。今夜彼はマダム・ブレスロオに言ったことを繰り返して、学校では彼女の娘(マドモアゼル・ブレスロオ)と私だけが才能があって、ほかの人は皆駄目だと言った。彼は一人一人を批評して、彼らの気取りを素っ気なく取り扱っていくのを見るのが私には面白かった。
 彼は私を陰でのみ褒める。けれども、きっと成功するからやめてはいけないと言って勧めてくれた。素人としてならば私はすでに才能を備えているが、もう少し高いところを望まねばならぬと言った。もう少し堅実な行き方をしたならもう少し進むはずだと言った。これからは特別に良く見てあげようと言った。家へも来て忠告してくれると言った。年中アトリエばかりにいないで、時々はモデルを連れて帰って家で描いたり、夜は塑像をしてみたりするが良いとも言った。彼はそのうちシャピユを連れてこようと言った。
 要するに私は全く彼の世話ばかりになっている。それで私は何とかしてそれに報いたいので、私の塑像を小さいのでよいからひとつ描いてくれるようにと頼んだ。そうしてこれがあまり高くかかりはしまいかと思ってせっかくの私の幸福が減ってきた。
 この人は絶えず話したり忠告したりして実に愉快であった。私を悩ますものは模写をすることである。
[PR]
by bashkirtseff | 2008-12-26 09:19 | 1879(20歳)
<< 1879.11.21(Sat)... 1879.11.15(Sat) >>