1879.08.13(Wed)──ディエップ

 私たちは昨日からディエップ(フランスの北海岸の小都市/底本:「ヂイプ」)に来ている。着いたのは朝の1時であった。
 海岸の町はどこでも同じなのであろうか? 私はオーステンデ(ベルギーの海岸の町/底本:「オスタンド」)、カレー(イギリス海峡に臨んだフランスの町)、ドーバー(カレーと向かい合ったイギリスの港町/底本:「ドヴァ」)を通って、今ディエップに来ている。タールや船や船具や水夫たちのにおいがする。4面風に吹きさらされて途方に暮れている船のような感じがする。何だか船酔いを思い出す。地中海に比べると何という相違だろう! 地中海では呼吸することも自由であれば、眺めるものもある。またここのような嫌なにおいがしない。私はむしろゾーデンとかシュランゲンバードとか、あるいはモン・ドールは一体どんなところだか知らないが、そういったような木立の深いこぢんまりした巣の方を選びたい。
 私は新鮮な空気のためにここへ来たのだ。ああ! 本当にそうだ。もちろん、都会とか港町とかを出れば空気は良いに決まってる。こんな北の海は私を喜ばせない。宿屋はどこも4階からでなければ海は見えないように出来ている。おお、ニース! おお、サンレモ(イタリアのフランスに接した港町)! おお、ナープル!! おお、ソレント(ナープル湾の南端の村)!!! おまえたちは無意味な名前ではない。旅行案内所によって誇張されたり乱用されたりしたむなしい名前ではない。おまえたちは実に美しい楽しい土地である!!!
[PR]
by bashkirtseff | 2008-12-20 13:49 | 1879(20歳)
<< 1879.08.16(Sat) 1879.08.09(Sat) >>