1879.07.16(Wed)

 私は特別に疲れている。チフスになる前はこんな風だと聞いている。
 昨夜悪い夢を見た。もし死んだらどうしよう? 不思議なことには死のことを考えても私は震えない。もし先の世というものがあるならば、それはどうしても私が今この世界で送っている生活より良い生活でなければならぬ。しかしもし死後には何物もないとしたらどうだろう? ……そうしたら、それは恐ろしくないということ、及び偉大なしに煩わしさを終わり、光栄なしに苦しさを終わることを望む理由になおとなるであろう。
 朝8時に仕事を始めると、5時ころにはくたびれ果てて、夜の時間はつぶれてしまう。実際、私は遺言書を書いておかねばならぬ。
[PR]
by bashkirtseff | 2008-12-20 13:42 | 1879(20歳)
<< 1879.07.21(Mon) 1879.07.02(Wed) >>