1879.04.16(Wed)

 ブレスロオと面白い対話をした。私たちは前部屋にいた。私と、彼女と、サラアと。私がミカンを1つサラアに与えると、サラアがそれを半分ブレスロオに与えて、笑い声で言った。
 ──おあがんなさいな。私があげるのよ。マドモアゼル・マリじゃないのよ。
 しかしブレスロオがちゅうちょしているので、私は画筆を洗う手をやめて、彼女の方へ向いて、微笑しながら言った。
 ──私があげるのよ。
 彼女は全く当惑していたが、顔を赤めてそのミカンを受け取った。私も顔を赤めた。
 ──ミカンなんかどうだっていいわ。私は今1つをむきながら言った。もう少しおあがんなさいな、マドモアゼル。
 ──ねえ、サラア、あなたは私たちがどちらも顔を赤めたのを見たでしょう!
 ──ばかばかしいわ! サラアが言った。
 ──あなたが私の親切に負かされたのよ! 私はブレスロオに言った。彼女に今一切れを差し出しながら。
 ──私はあなたのことなんか何とも思ってないのよ! そういいながら彼女はそれを受け取った。
 ──私だってなおとそうよ。だってあなたは私のこと何とも思ってないのなら、何もそんなに顔を赤くすることはないでしょう。
 ──私は自分のことだって何とも思ってないのよ。
 ──ああ! それならいいわ。
 そうして話が少し難しくなりかけたから、私は彼ら2人の方へ向いて声を立てて笑いだした。
 ──本当は私あなたに感心しているのよ!
 ──私に? ブレスロオが聞き返した。
 ──そうよ、あなたに。
 ──当たり前だわ。
 ──全くね!
 話はそれだけであった。
 ──さあ行きましょう、サラア? ブレスロオが言った。
 私は画筆を洗いに戻った。──子どもらしいことだ。
[PR]
by bashkirtseff | 2008-12-17 13:31 | 1879(20歳)
<< 1879.04.18(Fri) 1879.04.15(Tue) >>