1879.03.09(Sun)

 書くということは大きな慰めであることを知っていますか! しかしいくら書いても他人に読まれ、従って「無限の部類に入る」ように運命づけられてないとすると、死にたくなるようなものがある。
 私はデュマのごとき人でも紙やインクやペンの品質を気にするということを知って喜んでいる。なぜと言うに、私は何かちょっとしたことで仕事が妨げられると、そのたびに、怠けてはいけないとか、偉大なる画家には気まぐれというようなものはないとか、いつも自分で自分に言い聞かせているから。
 しかしお待ちなさい。……私にはラファエルが急に気乗りがしておけの底に Madonna della Seggiola〔いすの聖母〕を描いたことが理解できる。けれども私にはまた、そのラファエルが自分の絵を仕上げるためにあらゆる道具を使わねばならなかったことも考えられる。もし彼が自分の意思に反するような絵を描かねばならぬとしたならば、彼とても私と同じように、私は平凡な人間ではありますが、ジュリアンのアトリエにおける私と同じように、彼も気力がなくなってしまっただろうと思われる。
[PR]
by bashkirtseff | 2008-12-13 09:20 | 1879(20歳)
<< 1879.03.12(Wed) 1879.03.08(Sat) >>