1879.01(Sat)

 私はまたもアトリエの騒ぎを引き起こして、持続して、そうして、静めた。それがすっかり片付いてからジュリアンの所へ行って何もかも話した。でたらめな報告をされては困ると思ったからである。
 若芽の偉大、若芽の学問、若芽の天才! こんな若芽が皆ロバのために成熟するのではないかと私は心配でならぬ!
 おお! 私は男に生まれたかった! いや、それよりも死んだ方がましだったかも知れない。
[PR]
by bashkirtseff | 2008-12-08 12:02 | 1879(20歳)
<< 1879.01(Wed) 1879.01(Fri) >>