1884.10.20(Mon)

 天気が優れて良いにもかかわらず、バスティアン・ルパージュはボアへは行かないでここへ来る。彼はほとんどもう歩くことも出来ない。彼の弟は彼を両腕の下から支えて、ほとんど担ぐようにして彼を連れてくる。
 そうして、やっと安楽椅子にかけると、その気の毒な子供は疲れ切ってしまう。私たちの惨めさよ! それに、大勢の門番どもはなんと健康に暮らしていることよ! エミルは立派な弟である。ジュールを背負って彼らの4階まで登ったり降りたりするのは彼である。私はどうかと言うに、私もそうした献身をヂナから受けている。──この2日間私の床は客間に移された。でも部屋が非常に広くて、衝立や、大椅子や、ピアノで仕切られてあるから、外からは見えない。私には階段を登るのが困難である。


      *
〔日記はここで切れている。──マリ・バシュキルツェフはそれから11日後の、1884年10月31日に死んだ。──そうしてジュール・バスティアン・ルパージュはさらに40日後の12月10日に死んだ。〕
[PR]
# by bashkirtseff | 2012-05-19 20:57 | 1884(25歳)

1884.10.19(Sun)

 トニーとジュリアンが晩餐を共にする。
[PR]
# by bashkirtseff | 2012-05-19 20:54 | 1884(25歳)

1884.10.18(Sat)

 バスティアン・ルパージュは毎日のように来る。彼の母が戻ってきた。そうして彼らは3人して来る。
 ポオテエンが昨日来た。私は良くない。
[PR]
# by bashkirtseff | 2012-05-19 20:53 | 1884(25歳)

1884.10.16(Thu)

 私はひどく熱があって疲れてしまった。私は一日中客間で、安楽椅子から長椅子へと移り変わりながら過ごす。
 ヂナが私に小説を読んでくれる。ポオテエンが昨日来た。また明日来るだろう。この男はもうお金を必要としない。それでもし彼が足繁く来るとすれば、それは彼が私に少しく興味を持ってきているからだ。
 私はもうまるっきり外出が出来ない。しかし気の毒なバスティアン・ルパージュは外出する。彼はここまで運ばれてきて、クッションの上に両足を伸ばして、安楽椅子にかける。私は、そのすぐそばの今ひとつの安楽椅子にかける。そうして6時までもそうしている。
 私はレースとフラシ天のついたフッイイを着ていた。それはすっかり白であるが、様々の異なった白で出来ている。バスティアン・ルパージュの目はそれを見てうれしそうに見張った。
 ──おお! 私に描くことが出来たら! 彼は言う。
 そうして私も!
 もうだめ、今年の絵は!
[PR]
# by bashkirtseff | 2012-05-19 20:52 | 1884(25歳)

1884.10.12(Sun)

 私は外出することが出来なかった。私は全くの病人である、伏せりはしないけれども。
 医者はポオテエンの来診以来、副ポオテエンを隔日に寄越している。
 おお! 私の神よ、私の神よ。そうして私の絵、私の絵、私の絵!
 ジュリアンが私を見舞いに来た。誰かが私の悪いことを言ったのだろう。
 ああ! どうして隠そう! またどうしてバスティアン・ルパージュのところへは行ったものだろう?
[PR]
# by bashkirtseff | 2012-05-19 20:49 | 1884(25歳)

1884.10.09(Thu)

 あなたが見られるごとく、私は何にもしていない。私はいつも熱がある。私の医者は2人ともばかである。私はポオテエンを呼びにやって、彼の言うことを聞いた。彼は一度は私を治したのだ。彼は善良で、綿密で、正直である。要するに、私のやせているのも、その外の一切のことも、肺から来ているのではないらしい。私がかかったのは偶然の災難であるから、そのことは何にも言わないで、いつも今に独りでに良くなるだろうと希望しながら、前より別に悪くもならぬ自分の肺のことを気にかけているばかりであった。
 私は自分の病気のことをうるさく言ってあなたを悩ましても仕方がない。ただ困るのは、何にも出来ないことである!!
 何にも!
 昨日、私はボアへ行こうと思って着物を変えていた。そうして力なく感じて2度までも、止めようかと思った。
 それでも私は行った。
 マダム・バスティアン・ルパージュはブドウの採り入れのため、月曜日からダンヴィレエルへ行っている。そうして彼のそばには大勢の婦人たちがいたけれども、彼は私たちを見て喜んだ。
[PR]
# by bashkirtseff | 2012-05-19 20:48 | 1884(25歳)

1884.10.01(Wed)

 こんないとわしさとこんな痛ましさ。
 書いたとて何になろう?
 私の叔母は月曜日にロシアへ立った。彼女は今朝の1時に着くはずだ。
 バスティアン・ルパージュはだんだんと悪くなる。
 それで私は仕事をすることが出来ない。
 私の絵は出来ないだろう。
 それ、それ、それ!
 彼は死にかけて、非常に苦しんでいる。そこにいると、もう大地を離れているように感じる。彼はすでに私たちの上空へ舞い上がっている。私もそうした思いを幾日かしている。人を見ると、話しかけられ、それに答える。けれどももう地上にいるのではない。──静かな苦しみのない無関心、いくらかアヘンの夢のようで、憂わしいものではない。要するに、彼は死につつある。私はただいつもの習慣でそこへ行く。それは彼の影である。私とても半ば影である。何の役に立とう?
 彼は特に私のいるのを感じるわけでもない。私は役に立たない。私は彼の目を再び開かせる不才を持っていない。彼は私を見れば満足する。それだけのことである。
 そうだ、彼は死につつある。そうして私にはどうでも同じことだ。私はそれを実感しない。それは消えゆくものである。
 それに、すべてもうだめである。
 すべてだめである。
 私は1885年に葬式を出されるであろう。
[PR]
# by bashkirtseff | 2012-05-19 20:45 | 1884(25歳)

1884.09.19(Fri)

 彼は次第に悪くなっていく。私たちは彼が苦しそうに泣いたり、また私たちに笑いかけたりするとき、出て行った方が良いのか止まっていた方が良いのか、分からなかにった。出て行くとそれは彼が非常に悪いのを信じさせるようなものである。それでは苦しそうに彼が身をもがいているのを、見物でもしているようにして止まるべきか! ……
 私は恐ろしい。私は包み隠さず言うが、私にはもっとより多くの言葉がありそうにも思われ……またもっとより少ない言葉が……。かわいそうな子供!
[PR]
# by bashkirtseff | 2012-05-19 20:43 | 1884(25歳)

1884.09.18(Thu)

 私はジュリアンに会った! 彼は久しく見えなかった。でも私たちはお互いに長く会わなかった。それは別に話すこともなかったからである。彼は私が落ち着いた風があると思っている。芸術がすべてである。その外のことはすべて足をとどめる値打ちもない。
 バスティアン・ルパージュのそばには、親族の人たちが皆来ている。母とその娘たち、彼女らはそこに最後まで留まる。しかし非常に話し好きな善良な婦人たちのようである。
 このバスティアン・ルパージュの怪物は、私の看病をしたがっている。彼は1月のうちに私のせきを治してやりたいと言う。彼は私のジャケットのボタンをかけてくれたり、私が十分に着物を着込んでいるかといつも心配したりする。
 バスティアン・ルパージュが床につくと、皆は彼の枕辺に来て、必ず左側に座った。私は右側に行って座った。彼は、他の人たちの方へは背中を向けて、楽な姿勢を取りながら、非常に優しく芸術上の話を始めるのであった。
 そうだ。確かに彼は私に対して友情を抱いている。主我的な友情をすらも。私が彼に明日は出かけて、仕事をしに行くと言うと、彼は私にこう答える。
 ──おお! まだいけません! 私を置いてきぼりにしてはいけません。……
[PR]
# by bashkirtseff | 2012-05-19 20:42 | 1884(25歳)

1884.09.17(Wed)

 私は父の思い出で苦しめられない日とてはほとんどない。私は出かけていって臨終まで父の看護をすべきはずであった。彼は何にも言いはしなかった。彼は私のような人だったから。しかし彼は私のいないのをつらく感じたに違いない。どうして私は行かなかったのだろう? ……
 そう思うのは、バスティアン・ルパージュがここにいるようになってからである。そうして私たちは実にしばしば彼の所へ行って、心配したり、邪魔をしたり、優しくしたり……
 それは実際非常に悪いことではないかしら?
 母は何年も別居していて、最近5年間の仲直りをしたばかりであるから、事情が違う。しかし私は、娘なる私は?
 それでは神が私を罰するであろう。しかしあなたがもし物事の奥底まで見極めるならば……あなたがこの世の中へ生まれ落ちて以来、もし親があなたにあふれるばかりの親切を尽くしてくれなかったなら、誰だって自分の両親に何の負うところもないのである。
 しかしそれも妨げにはならない。……それに私には、この問題を展開させている余裕がない。──バスティアン・ルパージュは私に様々の悔恨の念を起こさせる。──これは神の懲罰である。しかしもし私が神を信じないとしたら? 私には何にも言えない。それに、……私には良心がある。そうして私の良心は私のしたことについて私を責めている。
 それでもまだこうは言えない、──私は神を信じないとは。それは神によって私たちが何を理解するかということによって違う。もし私たちの愛している、また私たちの欲している神が存在しているとするならば、世の中はもっと別なものであったろう。
 私の夕べの祈りを聞いてくださる神とてはないのである。それでも私は理屈はさておき毎晩祈っている。
    Si le ciel est désert, nous n'offensons personne,
    Si quelqu'un nous entend, qu'il nous prenne en pitié.
   〔もし天国が砂漠ならば、我ら何人にか背かん。
    もし何人か我らが祈りを聞く者あらば、我らを哀れみ給え。〕
 とは言っても、どうして信じられよう? ……
 バスティアン・ルパージュは非常に悪い。私たちはボアで会ったが、彼は苦しそうに顔をしかめていた。……シャルコオ(有名な医者)家の人たちも皆いた。それは、もしかすると、近いうちに医者自身が偶然のごとく連れて行かれるためであろう。彼らが去ると、バスティアンは私たちに、こんなに2日も彼をうち捨てておくのはひどいと言った。
[PR]
# by bashkirtseff | 2012-05-19 20:39 | 1884(25歳)